勧誘とは?

 

勧誘を受けるケースは
脱毛サロンに通い始めるときと
契約が最後になる時期に多いようです。

 

これはどういうことかというと、
初めてのお客様でしたら
これから脱毛を行っていくわけなので
なるべく会社の売り上げになるように
脱毛サロン側も考えるわけです。

 

そして
既存のお客様である場合は
これからも脱毛サロンに通っていただくために
契約終了になるタイミングでは
追加メニューをオススメするケースが
あるということです。

 

 

勧誘は悪なのか?

 

会社経営をしていれば
会社の売り上げになるための行為は
もちろん推奨していきます。

 

これはどんな業界でも
言えることでしょう。

 

しかし、
お客様が求めていない
必要以上な言葉・時間でおすすめしてくる
営業活動は好ましい行為とは言えません。

 

このような点が強い勧誘は悪といえるのでは
ないでしょうか?

 

 

勧誘なのか?おすすめなのか?

 

強引な押し売りはイヤですよね?
でも脱毛サロンでは
このようなことはないでしょう。

 

大手脱毛サロンでは
やさしいオススメはもちろんあります。

 

要するに
このメニューとこのメニューを比べると
お客様にはおすすめということを伝えている
ということなんです。

 

 

上手な断り方【実例】

 

 

脱毛サロンスタッフ

 

「こちらの脱毛メニューもおすすめですよ?」

 

 

上手な断り方

  1. 今回は大丈夫です。
  2. 次の時に考えたいと思います。
  3. とても興味あるんですが、今回は最初の脱毛メニューで進めていきたいと思います。

 

 

断れない方の多くは相手に不快を与えることがいやなので
断りずらくなってしまうのですよね?

 

このように
とてもいい情報をありがとう。
でも今回は自分の決めたメニューをしたいと
伝えていくことで相手を傷つけることはありません。

 

まず、
相手に良い印象を与え
次に決めている自分の意見を伝えるようにしましょう。